今日も、肩の患者様が連続でお越しくださいました。
JUGEMテーマ:日常

今日は、高校の同級生が初めて治療院に来てくれました。

首と背中の張りが強くて頭がボーっとしてくるのと、左肩が四十肩みたいな症状で腕が挙がらない、とのことでした。

首や背中の張りは、全身マッサージですぐほぐれることがわかっていたのですが、左腕が挙がらないのもなんとかしたい、と思い、問診と触診を詳しく行ってみると・・・

スマホにずっと集中している時に、左手を一定の位置に固定して見ているのが原因のような状況が確認できました。

まず問診により、スマホを扱うようになった時期と左肩が痛くなってきた時期が一致しました。

次に触診により、左肩甲骨の内側の縁にある小菱形筋、大菱形筋、裏側にある肩甲下筋の筋緊張が高く、圧痛も著明でした。
加えて、左肩の前面で鎖骨中央から外側の下にある肩甲骨烏口突起から小結節周囲の軟部組織の筋緊張が高く、圧痛所見がみられました。

これらの肩の痛みは、先日東京で勉強会があった時に肩専門の著明な整形外科医が教えてくれた、スマホが原因の肩の痛みのお話に症状が合致し、上記のような痛みの訴えをされる患者様が増えた、とお聞きしておりました。

治療前は左肩屈曲が130°までしか挙がらなかったのですが、マッサージ+徒手的運動療法による治療が終了した時には160°まで改善し、左腕が耳の横まで挙がるようになりました。

生活指導として、スマホで入力する時以外は右手に持ってみるようにするなどして左右均等に使用することと、右手で左手を持って一緒に手を挙げる運動を風呂上がりや暇な時を見つけて行うこと、などをアドバイスさせていただきました。

東京に行った時に、整形外科医のお話をしっかり聞いておいたお陰で、今日の治療の役に立ったのでとても良かったです。
治療 23:45 comments(0)
患者様の右肩の痛みが完治。
今日、治療した患者さんですが、8か月間週1回のペースで私の治療院に通った結果、右肩の結髪結帯動作がフリーでできるようになり、今日で完治しました。

この患者さんはもともとOTで、右肩の運動時痛が出現して半年間、自分で色々とケアをしたり病院のスタッフに相談したりしましたが良くならなかったため、私の治療院に来てくれるようになりました。

治療方法ですが、治療開始当初は、肩甲骨のモビリゼーションを行った後に右烏口突起、小結節、大結節周囲を触診し、圧痛部位がある軟部組織に鍼治療を行った直後にactive-assistive ROM ex.を行い、徐々に可動域を改善していきました。

安静時痛が改善されてきたら、肩ROMの際疼痛が出現する肢位と疼痛部位を正確に触診し、そこで鍼治療を行います。

すると、運動時痛が徐々に軽減されてきます。

最後に残った痛みは、右肩最終内旋位での小結節における肩甲下筋停止部での圧痛と、小菱形筋と大菱形筋のstiffnessでした。

8ヶ月間、日常生活では自然に使ってもらうようにお話しました。

もともとOTですから、こちらが説明してお願いしたことは忠実にやってくれるので、その点も完治した理由の一つだと思います。

これからも、鍼治療と理学療法の併用で、色々な軟部組織性疼痛の患者様を治せるようになりたいと考えております。

特に、スポーツ傷害における肉離れと捻挫を積極的に治せるようになりたいです。
治療 22:25 comments(0)
新患さんのご自宅にお伺いしたら・・・。

今日、ケアマネジャーさんからご紹介いただいた新患さんのところへ、治療院スタッフと一緒に行きました。


79歳女性の方です。


そうしたらなんと!


今朝トイレに行こうとした時に転んで、左手関節を骨折していました。


左肘から親指のところまで、ギプスで巻かれていました。


ご本人様を介護しているのは、実のお姉さんです。


つまり、老老介護です。


ご本人様の全身状態を評価している最中、トイレに行きたくなりました。


私は、ご本人様がトイレに行くところの後をついて行きました。


ベッドからトイレまで約5mありますが、ふらふらになりながら杖をついてなんとかたどりつきました。


しかし、自分で下衣と下着を全部下ろすことができず、お姉さんが手伝っていました。


つまり、トイレに行くたびに、介助が必要である、ということです。


ケアマネジャーさんも、私達の初回訪問に来てくださっていたので、ポータブルトイレをベッドの横に置いてもらいました。


そして、せめて夜は自分でできるように、具体的なトイレ動作の方法を細かく指導しました。


そうしないと、お姉さんが休めないからです。


このようなアドバイスが、理学療法や鍼灸療法以前に、ご本人様や介護する方の生活を支えるために重要です。


訪問治療をお仕事とされている方々、ご参考にしてください。




治療 23:35 comments(0)
1年以上ぶりに来てくれた患者さま。

今日、津と四日市から、1年以上ぶりに患者さまが来てくれました。


仕事や家庭のことで忙しくて、なかなか時間が作れなかったようです。


でも、背中や腰がパンパンで、我慢が出来なくて来てくれました。


なかなか来れなかったけど、近所の治療院には行く気にはならなかった、とおっしゃってくれました。


そのお気持ちがとても嬉しかったです。


1回ずつの治療とご縁を大切にして、2回目にまた来たくなるように真剣勝負で関わることが重要ですね。

治療 22:14 comments(0)
治療院の新患様が少しずつ増えてます。

今日は、新患さんが2名来てくれました。


肩の可動域制限のある方と、多発性脳梗塞の方です。


一人は○○大学病院から、もう一人は学校関係からのつながりでした。


とてもありがたいお話です。


肩に可動域制限のある方は、1回の治療で完治することができました。


多発性脳梗塞の方は、四肢に運動麻痺がありますがなんとか歩行はできるので、これ以上筋緊張が亢進しないように治療をする必要があり、今後継続的に治療していく予定です。







治療 21:59 comments(0)
先週から、毎朝治療している患者様。

朝8時40分すぎに、先週から毎日治療させていただいている患者様がいらっしゃいます。


とても可愛い85歳以上の女性の方です。


野球が大好きで、現在高校野球の応援、特に名電の応援をしています。


上腕骨骨折後の右肩の治療をしています。


私が来るのを、とても楽しみにして待ってくれています。


先週に比べ、自分で上着を着れるようになるまで回復しました。


右肩屈曲のROMが、治療開始時は80度でしたが、現在は95度まで改善しています。


一月後はどれくらい回復しているか・・・。


今から楽しみです。

治療 21:16 comments(0)
治療院の訪問治療。

今日は、治療院スタッフに訪問治療のアドバイスをしました。


その方は、瑞穂区にお住まいですが、私がお伺いしたのは半年ぶりです。


元々認知症があり、強度の円背がありました。


訪問治療を開始した時は、屋内を歩いてもらうと下を見て歩いていました。


しかし、今日は全然違いました。


ベッドに座って、前をしっかり見て私たちを待ってくれていました。


次に、立ち上がりの練習をして両下肢の筋力強化を行いましたが、20回以上できました。


最後に、屋内を歩いてもらいましたが、円背はありますが前をしっかり見て歩いたのです。


普段、治療院スタッフが一生懸命治療をし、ご本人やご家族も一緒になって頑張っている証拠だと思います。


とても幸せな気分でした。

治療 21:04 comments(0)
CI療法ってご存知ですか?

皆さん、CI療法ってご存知ですか?


私が現在大変興味を持っており、科学的にも立証されている治療法です。


年末および今年の2月に、CI療法の講演を聞いて、治療院の患者さまに試してみています。


すると・・・


それまで、麻痺側手指の分離運動ができなかったのが、CI療法を開始して3日目からできるようになりました。


ご本人様の目標は、ゴルフをラウンドすることなのですが、現在はアイアンもパターも楽にスイングできるようになっています。


初めての試みでしたが、患者さまもとても満足されています。


私なんかが見よう見まねでやっても大丈夫かな?と思っていましたが、思った以上の効果が出ているので、正直びっくりしています。


これからも、治療院やリハビリデイサービスにいらっしゃる利用者様のために、精一杯勉強していきたいと考えております。




治療 18:33 comments(0)
午後からずっと患者さまの治療をしていて思ったこと。

今日の午後から、リハビリデイサービスの現場の仕事を久しぶりにしました。


その後、17時30分から19時30分までCI療法を行っている患者さまの治療をずっと張り付いて行っていました。


つまり、午後からは19時30分まではずっと患者さまの治療をしていた、ということになります。


正直、社長業より治療の方が楽しいですね。


とにかく、臨床が楽しくて仕方がありませんでした。


誤解しないでほしいのですが、社長業がつらい、という意味ではありません。


社長としてのやりがいもありますが、全社員を支える責任も重大だからです。


早く、社長の仕事が楽しいと思えるように、いっぱい勉強しなければならないと痛感しました。

治療 23:48 comments(0)
朝に行く名東区の患者さん、先週より四点杖歩行開始。

週3回午前7時に訪問治療に行っている名東区の患者さんは、右大腿骨頚部骨折後2年以上経過しており、偽関節となっている患部の手術は困難と整形外科医に言われております。


通常屋外は、歩行器を押して歩いています。


買い物が好きで、天気の良い時は近くのスーパーまで出かけるようです。


この方に先週から、四点杖歩行を開始しました。


杖で歩けるとは思っていなかったようで、84歳であるのにも関わらず最近意欲タップリでリハビリ治療に取り組んでいます。


そんな姿を見ていると、心が打たれてしまいます。


絶対、杖で屋外を歩けるようになって欲しいと思っています。


それと同時に、まだまだ自分は甘いと感じてしまいます。


私は五体満足、何不自由なく育っているのですから、周囲にある環境や周りの人を大切にし、今よりももっと真剣に生きなければならないと思います。


まずは、6か月で10kg減量が目標です。





治療 23:49 comments(0)
1/4 >>
心と体に痛みがある人 だれでもおいで。
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other