愛知医科大学解剖セミナー報告会および懇親会の仕事が終了しました。

今日は、標記の仕事がありました。


報告会は、トライデントで開催されました。


私は、自分の研究に関するまとめの発表、代理の発表、会場での司会および運営、報告会後の懇親会の運営及び司会を担当しました。


午後9時30分頃に、無事全てが終了した時は、ホッとしました。


昨日からこの2日間、かなり集中した時間を過ごしました。


明日から、少しゆっくりめに日常の時間を過ごしていきたいと考えております。



解剖 23:05 comments(0)
愛知医大解剖セミナー報告会

今日は昼から、愛知医大解剖セミナー報告会がありました。


今回、報告会では初めての経験で、座長を務めさせていただきました。


なんとか最低ラインの責務は果たせたと思います。


昨日から連続で、中野先生と一緒にいますが、今日も最後まで適切な指導をしていただきました。


お言葉としては、報告会は通過点に過ぎず、普段からちゃんと勉強していないと、良い発表はできない、と全体に向けて話をしていただきました。


勉強する、ということは、医学の世界では文献を日本・欧米問わず検索し読む習慣をつける、ということです。


つまり、医療従事者を志す者は、それが当たり前だ、ということです。


そのことに加えて、今日一番身に染みたことは、私が行っている全てのことにおいて準備不足である、ということです。


自分の責任で物事を最後までやり抜くことの意味、を思い知らされました。


そして、帰る間際に、口だけで中身が伴っていない、ともご指導いただきました。


直接言葉でご指導いただけることの、やさしさと思いやりを痛感しました。


本当にありがたいことです。


中野先生をはじめ諸先生方、色々とご指導いただき心より感謝いたします。


今後とも、末永くご指導の程よろしくお願い申し上げます<(_ _)>


昨日と今日の2日間連続で経験したことは、一生の財産になります。


今日は疲れましたので早めに休んで、明日から初心にかえって自分を磨き続けたいと思います。

解剖 22:38 comments(0)
愛知医大での研究

今日は、愛知医大で研究をしていました。


私が、このセミナーで2年前から研究させていただいているテーマは、鵞足部の研究です。


鵞足部の停止部の構造がどのようになっているのか、ずっと研究しています。


筋、筋膜、腱、腱膜、個体差、性別差、バリエーション(破格)の有無など、様々な観点から研究を行います。


一つの事柄に対して、様々な観点から研究をすることの大切さ、そのためには日頃からいかに勉強していなければならないか、ということを痛感させられます。


そのような大切なことを気づかせてくれる機会があることに、私は心から感謝しております。








解剖 23:36 comments(0)
愛知医科大学解剖セミナー報告会

今日は午後から、愛知医科大学解剖セミナーの研究員としての報告会がありました。


皆さん、詳細な研究報告と活発でハイレベルな意見交換がなされ、いつも強烈な刺激を受けております。


よりよい研究をするために妥協は一切なく、厳しい指摘や質問もございますが全て自分のためです。


私は、トップバッターで発表をしましたが、言葉では表現しづらいところを図や写真を用いて丁寧に表現すること、何が言いたいのかわかりづらいのでしっかり考えてから伝えること、のご指導をいただきました。


加えて、私のテーマに関しての様々な研究手法のアドバイスをいただきました。


他の研究の発表からも、学ぶことがたくさんありました。


今日ご指導いただいたことや学んだことを、私個人の努力でどこまで形にできるかが勝負だと考えています。


とにかく、必死に取り組みます。


まず最初は、身の回りと時間の整理整頓から行っていきます。


ご指導いただいた先生方、本当にどうもありがとうございました<(_ _)>




解剖 22:24 comments(0)
匠の技
今週の月曜日から、名大医学部にて解剖トレーニングセミナーを受講していることは、もう既にお伝えしたと思います。

私のグループには、日本の解剖学の第一人者である先生が、解剖を手伝ってくれています。その先生の解剖を、毎日自分の目の前で見せてもらっています。

ふと気がつくと、知らないうちに先生に見とれている自分がいるのがわかります。メスの使い方、結合組織と神経組織の見分け方、骨および筋の指標から様々な神経を、いとも簡単に見つけます。一番すごい、と思ったのは、破格の筋を見つけた時にその神経を剖出するスピードと集中力です。究める、ということは、こういうことかとまざまざと見せられました。先生を見ていると、自分の勉強不足や集中力、人間としての未熟さに反省の繰り返しです。

その解剖セミナーも、いよいよ明日で終了です。あっという間の1週間でした。この経験を、今後の臨床・教育・研究・経営に必ず活かします。そして、来年も機会があったら、是非参加させていただきたいと考えております。


解剖 19:32 comments(0)
1/1
心と体に痛みがある人 だれでもおいで。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other